教育用電子計算機システム

東京工業大学 学術国際情報センター

演習室での忘れ物、落し物について

 

学内での遺失物管理は平成24年度より遺失物センターが設置されており、平成25年度より運用が開始され、遺失物法に基づき適正に行われることになりました。

 

落し物や忘れ物をしてしまった場合、または落し物や忘れ物を発見した場合には、それぞれの地区の窓口まで届け出てください。

届けられるまでに時間がかかる場合もあるので、数日後にもう一度確認しに行くなど努めてください。

受付窓口

  • 大岡山地区: 事務局4・5号棟 1階 遺失物センター
    地図 地図の5番、事務局4・5号館は学術国際情報センターの道を挟んで隣の建物です。
  • すずかけ台地区:図書館すずかけ台分館(演習室と同じ建物)1階 遺失物センター
    すずかけ台地区検収センターの上の階の部屋です。図書館分館の演習室側の自動ドアを出て左に建物沿いに進んだ先にあります。トイレの案内に沿って進むと分かります。

注意

センターでの忘れ物は端末へのUSBメモリ等の取り忘れが非常に多くなっております。
端末を離れる際には必ず一度確認をしてください。

USBメモリ、音楽プレイヤー、携帯電話等は個人情報に関わる物件として速やかに警察に届けられることになります。その際に個人情報が含まれる可能性が高く、またウィルスやマルウェア等を含む恐れがあることから中身のデータを閲覧を行わないことになっています。そのため、中身のデータを確認することなく持ち主が特定できない場合には返却はされないそうです

持ち物には名前や学籍番号を必ず書くようにしてください。見えるところにシリアル番号(製造番号)などが書かれた物はそれを記録しておいても良いかもしれません。