教育用電子計算機システム

東京工業大学 学術国際情報センター

スクリーンセーバー動作時のパスワードロックについて

MacOS利用時に一定時間操作を行わずにスクリーンセーバーが起動した場合、復帰の際にパスワードの入力が必要なように設定を変更いたしました。
スリープ状態に移行せず離席した場合に、他者が操作できないようにするための設定変更となります。

利用者がこの設定を解除することはできませんので、頻繁にスクリーンセーバーが動作して煩わしい場合には開始するまでの時間を変更してください。
スクリーンセーバーが開始するまでの時間は、「システム環境設定」の「デスクトップとスクリーンセーバー」から設定が可能です。

また、離席の際にはスリープ状態にするなど自身でセキュリティリスクの低減に努めてください。